お電話でのお問い合わせ

受付時間(平日)
9:00~20:00

0120-400-800

お問い合わせ
年中無休|24時間受付

CONTENTS MENU

2019年3月22日 [最終更新日]2019年3月20日

遺産相続では隠れた借金に注意! キャッシングやリボ払いなどの負債

相続放棄で借金などマイナス財産は放棄できる

相続ではマイナス財産も相続しなければならなくなるため、あらかじめマイナス財産の方が多いことがわかっている場合、相続放棄した方が良いということはご存知かと思います。
この相続放棄に関して、注意しておきたい財産や、マイナスの財産を見つけた際に確認しておきたいことについてご説明します。

相続で遺族は借金などに注意

相続で相続人が注意しておきたいのは、被相続人の財産に借金などマイナスの財産がないかどうかです。
家族や友人などからの借金はもちろん、銀行や消費者金融などからの借り入れなどによる債務も含まれます。
この借金などの相続放棄については以前ご説明しましたので、コラム「相続で借金など負債・債務があるときの対処法。相続放棄や限定承認の手続き」でご確認ください。

マイナス財産は相続税計算で債務控除となる

借金などのマイナス財産は相続の対象となりますが、相続税計算をする際には債務控除として控除することができます。
相続放棄するかどうかは、相続税の計算をして債務控除が課税対象の財産総額を上回るかどうかで判断すると良いでしょう。

キャッシングやリボ払いなどの隠れた借金

相続放棄する前に注意しておきたいのは、キャッシングやリボ払いなどの隠れた借金がないかどうかです。
最近ではアプリローンなどもあり、カードなどがないため本人にしかわからない負債などが増えてくることが考えられます。

相続の発生前に確認しておく

これらの隠れた借金に関して、相続の発生前に家族など相続人ときちんと話す機会を設けることはとても重要です。
早い段階で相続放棄するかどうか決めておくことで、ただでさえ亡くなった後に行う手続きが多い中で、するべき手続きを把握して備えることができます。
話しておいた方が良いことについては、コラム「家族で相続対策! 相続経験者が後悔したこと」でも詳しくご説明していますので、ぜひご確認ください。

生前に完済、相続発生後すぐにクレジットカード解約しておく

クレジットカードや消費者金融などの借り入れによる借金では、場合によっては減らしたり借金がなくなったりすることもあります。
返済を続けて完済を目指すのはもちろんのこと、法テラスなどでも借金を減らすことができないか、ご相談することをお勧めいたします。
 
また、相続の発生前や発生後すぐに思い当たるクレジットカードなど全ての解約について確認し、早めに手続きをしておきましょう。
被相続人が認知症などであった場合には、銀行口座の凍結なども考えられますので、コラム「認知症で銀行口座は凍結される? 口座凍結の解除方法と対策」で対策についてご確認ください。

相続放棄しても遺族年金や生命保険金を受け取れる?

相続放棄したら、すべての財産を放棄しなければいけないとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、相続放棄をした後でも、場合によっては遺族年金や生命保険金を受け取ることが可能です。
さらに、受け取った遺族年金は課税されず確定申告の必要がないため、相続税所得税について気にする必要がありません。
そのような相続放棄した後の受け取りで注意しておきたいのは生命保険金です。

生命保険金の相続税計算と申告

生命保険金は受け取り方によって課税されますので、生命保険金を受け取る場合は、各保険会社に課税されるか否か確認しましょう。
相続の際に生命保険金は、「500万円 × 法定相続人の数」の額を超えた金額が課税対象となります。
詳しい相続税の計算方法についても、ぜひご確認ください。

住宅の相続では住宅ローンに注意

住宅など不動産を相続する場合には、住宅ローンの残額にも注意しておきましょう。
ただし、住宅ローンが残っていても場合によっては、支払う必要のないケースもあります。
住宅ローンが残っているからマイナス財産だと早急せずに、慎重に確認していきましょう。

団体信用生命保険の確認が大切

住宅ローンが残っている場合には、借入先の金融機関に団体信用生命保険に加入しているかどうか確認しておきましょう。
この場合には、保険金によりローンの残金がなくなり、そのまま不動産を相続することが可能です。
 
また、加入していない場合でも、遺産総額から考えると問題のないケースや不動産を売却する方法があります。
相続の際には、全財産について確認してから、相続放棄するかどうか決めることをお勧めいたします。
 
相続後の不動産について問題が見つかった際には、コラム「事故物件などの土地は相続税が戻ってくる?」をご確認ください。

負債は生前に無くしておくことがベスト!

借金や債務など、マイナス財産は生前に把握して、できる限り返済することが重要です。
完済しておくことがベストですが、完済できない場合には早めに家族など相続人と話して、どのように相続するか、または相続放棄するか決めておきましょう。
また、相続発生前に借金などを減らすことができないか専門機関などに相談したり、クレジットカードやアプリローンなどを解約して隠れた負債の発生を防いだり、できる対策をすることをお勧めいたします。
それらの隠れた借金などで不安な点、疑問点があればぜひご相談いただければと思います。

こちらの記事に関するお問い合わせ

☎:無料相談ダイヤル 0120-400-800
✉:無料面談のお問い合わせはコチラ

Copyright © 48 Tax Co. All Rights Reserved.

TOP 問い合わせ 初回無料