相続税申告

土地評価

土地評価


土地は、相続財産の大半を占めるケースが多いです。
これをどう評価するかで、相続税額は大きく変わってきます。
預金や現金は、そのまま相続税の評価額になりますが、土地は、特別な方法で評価額を求めるので、難しいと思う人が多いかもしれません。
ここでは土地の評価方法について紹介します。

土地の評価方法

自宅の土地を評価する際、まず、国税庁のホームページの評価倍率票で自宅の町名を探します。
(国税庁ホームページ:http://www.rosenka.nta.go.jp/index.htm
「路線」と書かれていたら路線価方式、「1.2」などの倍率が書かれていたら、倍率方式で評価することになります。

路線価方式とは

路線価方式とは、その土地が面している道路につけられた「路線価」に、面積をかけることで評価額を出す方法のことです。
路線価とは、その道路に面する標準的な土地1㎡あたりの価格のことです。
「形がいびつ」、「間口が狭い」などの標準的な形の土地ではない場合、「補正率」で調整をする必要があります。
路線価図に書かれているアルファベットに対応する「割合」をかけます。

計算例:88万円 × 100.00㎡ × 0.70 = 7,200万円
路線価 × 面積 × 補正率 = 評価額

倍率方式とは

倍率方式とは、固定資産税評価額に倍率をかけて評価額を出す方法です。
固定資産税評価額は、その年の1月1日時点での土地及び家屋の所有者に市区町村から送付される、納税通知書に記載されています。
(納税通知書について:
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/info/meisai_mikata.pdf

計算例:1.000万円 × 1.2= 1,200万円
固定資産税評価額 × 倍率 = 評価額
※固定資産税評価額に面積をかけないように注意してください。

土地の種類と評価方法について

宅地

宅地とは、自宅や賃貸アパート、貸宅地や事務所用のビルが建っている土地などのことです。
宅地は、「路線価方式」と「倍率方式」のどちらかで評価額を求めます。

農地(田、畑)、山林

通常は「倍率方式」で評価します。
中には、宅地へ転用できる可能性を考慮して、住居や商店が多いエリアである市街地の農地は、宅地批准方式(農地が宅地であるとした場合の価額から、転用する場合にかかる費用を控除した金額により評価する方法)で評価する場合もあります。

雑種地(駐車場などの土地)

その雑種地の近くにあって状況がよく似た土地の1㎡あたりの価額に、面積をかけて求めます。

土地の計算方法


相続税法で最も難解で複雑な部分は、土地の計算です。

不動産を正確に計算することで、相続税を1円でも少なくすることが可能です。

弊社では、土地の値段を計算にあたり、現場に行き厳密な計算を行います。 どのご家庭でも、不動産を所有しているケースは多く、一般的に資産の半分以上を占めます。 弊社は、申告の手数料を頂く際に、事前にしっかりとお客様に伝えご納得して頂きます。そのために、申告の手数料を細かく規定し分かりやすくご説明致します。

弊社は、不動産に強い税理士法人のため、不動産の有効活用等を考え提案致します。

まずは申告が終わってからになりますが、アフターケアとして相続人の土地の活用の仕方を検討します。


弊社の流れ

弊社の流れ

その他、相続人の今後の人生で、困っている点・悩んでいる内容をお聞きして、解決致します。 申告の手数料は料金案内でご説明しております。

※ 弊社を中心とする専門チーム(弁護士・司法書士など)で対応いたします。


TOP