戸籍

戸籍 住民票の写し・印鑑証明書の取得方法

相続人の特定

相続関係を正確に特定するためには、戸籍が必要になります。
また、相続の手続きや届出を行う際には、相続関係を証明する戸籍謄本等の提出が必要になることが多いです。
金融機関や法務局などにおいても、正確な相続関係を証明するため、戸籍の集め方が重要になってきます。

1. 相続が発生したら、亡くなった方の戸籍を取得

相続関係を証明するためには、亡くなった方のすべての戸籍をさかのぼって、取得する必要があります。亡くなった方の死亡事項の記載ある戸籍(除籍)謄本だけでは、その方の相続関係を証明できない可能性があるからです。

2. 相続関係の特定

亡くなった方の戸籍により、他に相続人がいないことを特定することができます。例えば、兄弟が相続人となる場合は、両親の戸籍もさかのぼって取得することで、他に兄弟姉妹がいないことを証明しなければなりません。

全部事項証明

戸籍謄本の取得について

1. 取得可能な方

戸籍謄本等を取得できる人は、配偶者、父母、祖父母、子、孫など、です。
それ以外の方が請求する場合には、取得する理由を明らかにする資料を提出しなければなりません。

2. 取得方法

戸籍謄本等の取得場所は、本籍地の市区町村役場です。
取得する者は、免許証などの本人確認書類を提示が必須です。
請求可能な方から委任された場合は、委任状が必要です。

3. 郵送による請求

戸籍謄本等を遠方の市区町村役場から取得しなければいけないことがあります。
戸籍謄本等は郵送により請求することも可能です。

戸籍の取得方法 申請できる人 配偶者、父母、祖父母、子、孫・代理人など 取得できる窓口 本籍がある(あった)市区町村の役場 収録に必要な費用 除籍謄本・改製原戸籍謄本 1通750円 戸籍謄本 1通450円 申請に必要なもの 申請書・身分証明書、代理の場合は委任状 郵送の場合による請求時に必要なもの 申請書・身分証明書のコピー・定額小為替 返信用封筒(切手)※取得に必要な費用を郵便局で打っている定額小為替で準備します。※定額小為替は1枚に付き100円手数料がかかるので、450円の場合の定額小為替料金は550円となります

住民票の写し・印鑑証明書の取得方法

様々な手続きの中で、相続人の印鑑証明書や住民票の写し、亡くなった方の最後の住所地を証明する住民票(除票)の写しが必要になる場合があります。

「住民票の写し」の取得方法

住所地の市区町村役場に請求すれば、住民票の写しは取得できます。

※ 戸籍謄本等と同様に、住民票の写しについても取得できる者が制限されており、誰でも取得できるわけでありません。


住民票の写しの取得方法 申請できる人 本人・同一世帯者・代理人 取得できる窓口 住民登録している(していた)市区町村役場 取得に必要な費用 市区町村によって異なります 申請に必要なもの申請書・身分証明書、代理の場合は委任状 郵送の場合による請求時に必要なもの 申請書・身分証明書のコピー・定額小為替 返信用封筒(切手)※取得に必要な費用を郵便局で売っている定額小為替で準備します ※定額小為替は1枚に付き100円手数料がかかります

住民票の写し・印鑑証明書の取得方法

様々な手続きの中で、相続人の印鑑証明書や住民票の写し、亡くなった方の最後の住所地を証明する住民票(除票)の写しが必要になる場合があります。

「印鑑登録証明」の取得方法

相続の手続きにおいて、相続人の印鑑証明書が必要になる場合があります。
印鑑証明書は、住所地の市区町村役場で取得することができます。
各種手続きを行う場合に必要な印鑑証明書については、期限を確認されることが多いです。
せっかく取得したものが期限切れとならないように、印鑑証明書以外の書類についてもすべて、期限には注意が必要です。


印鑑登録証明の取得方法 申請できる人 本人・代理人(本人の印鑑カードが必要) 取得できる窓口 印鑑登録している市区町村役場 取得に必要な費用 市区町村によって異なります 申請に必要なもの 申請書・印鑑カード(印鑑カードがあれば代理人の場合も委任状不要) 郵送の場合による請求 印鑑登録証明の郵送は出来ません


TOP